20070617
入野神社
住所 京都市西京区大原野上羽町
祭神 天兒屋根命・武甕槌命
比賣神・齋主神
摂社

末社
道祖神社 猿田彦神
大神宮 天照大神
神徳 不明
由緒  創祀不明。式内社。古地名で入野、または納野と言う。かつての祭神は天兒屋根命の一柱と推定されるが、現在は天兒屋根命・武甕槌命・比賣神・齋主神の四柱になっている。社伝によれば、もともと大原野神社の地に鎮座していたとも、大原野神社の御旅所であったとも言われている。『万葉集』に「剣の後鞘に納野に葛引く吾妹眞袖もち着せしむかも夏草苅るも」「さを鹿の入野のすすき初尾花いづれの時か妹が手まかさ」と古歌も残る。例祭は「遺稱お弓」と言い、男子15才になると烏帽子儀に入り、弓を射る。境内には神宮寺である蔵王堂があったとされるが、今は公民館が建つ。
 堀川通に面して、水火天満宮の控えめな境内が広がる。西から入り、本殿は南面する。
 梅の紋が入った水盤舎。
 拝殿とその奥に本殿。
 出世石。
勝手にリンク なし
参考文献 京都・山城寺院神社大事典 平凡社 1997
Home